第34回 日本教育書道藝術院 「書初め誌上展」

o0250018810381923596.jpg毎年の恒例行事、2010年度 日本教育書道藝術院の書初め誌上展大会の表彰式が先日行われました。

当教室からもたくさんの方が受賞され、上位入賞者が表彰式に出席するために生徒の引率をしてきました。

この時期だけは特に心を鬼にして、指導をしていますが
今回はとくに、日頃の努力が大事!ってことを改めて感じました。


IMG_1518.jpg
▲4年生、二度目の受賞。
去年の悔しい思いをバネによくがんばりました!
うさぎとかめに例えると、うさぎさんタイプ。
またお昼寝して抜かされないように、
毎回全力で練習するべし!
期待してます^^*


IMG_1516.jpg
▲2年生。
とっても可愛いおてんば娘さん。
体全体で力強くかけました^^
一生懸命書いたもんね。


IMG_1513.jpg
▲小学1年生。日頃から人一倍練習してきました。
お稽古中はお姉さんのように率先して
新入生の面倒を見てくれました^^
年長さんから入会してもうすぐ2年。
手に力がなくて筆圧が弱かった当時がうそのように
上達しましたね^^

自分の身長と同じくらい大きな紙に書くということは
体力も集中力も技術も必要。

一番うれしかったのは、
書道教室内では特に目立たなかった子が
書初の学校代表選手に選ばれたこと。

特に私が住んでいる埼玉県の川越地区は、
学校でも書写教育に力を入れている学校が多く、
書初シーズンになると、学校代表選手に選ばれたこどもたちは
毎日学校に居残りして練習を重ねて川越市展に挑戦します。

子供たちの成長に立ち会えることが、
子供たちと一緒に私も少しずつ成長していけることが、
教室をしていて一番幸せに感じることです^^

そして。

IMG_14677.jpg

▲学院院長、先生、当教室の受賞生徒さんたちと♪

一般(高校生以上)の部でも表彰されました!
昨年は半紙部門で生徒が大賞をいただきましたが、
なんと今年は条幅部門で生徒が大賞をいただくことができました。


同世代の生徒さんが多い当教室は、
時には先生と生徒の関係で、
時には友達のように飲み明かし、
時には目上の生徒さんが人生の先輩として相談にのってくれたり、
進路相談にのってあげたり。

いい関係ができつつあって、
本当に私は、素敵な生徒さんたちに恵まれて幸せです^^*


受賞のお知らせには、
おそらく生徒以上に一番私が驚きましたし、
大賞を受賞した生徒さん以上に、
自分が賞をとった時の何十倍も嬉しかったです。

受賞者代表の喜びの言葉をきいたときには・・・
昨年に引き続き号泣。。。

今まで私を指導してくださった先生方の気持ち、苦労、喜び、、、
そういったことが今になってやっとわかりました。

本人だけでなく、
家族の協力、ライバルの存在、
運、才能、書に対する気持ち、師の存在・・・
そして、本人の努力あってはじめてとれるもの。
全てに感謝ですね。


そして、今回はなかなか結果がでなかった一番古い生徒さんが
そろって受賞できたこと!!
勝因は、


「継続」


・・・ですね!!!


IMG_1520.jpg
生徒の笑顔が、生徒の喜びが、私にとって最高のご褒美です

みんな私の自慢の生徒です!
厳しい練習についてきてくれて本当にありがとう。
これからもビシバシ鍛えたいと思います☆

Masumi shodou school矢部澄翔