児童の部:指導方針


児童の部は、5歳〜中学生までのお子様を対象に、
下記をコンセプトに、日々お稽古に取り組んでいます。

1)基本を徹底して習得すること
2)競争心とともに、向上心を芽生えさせること
3)個々の才能を引き出し、実力を伸ばすこと
4)表現力を伸ばし、お子様の感性をより豊かにすること
5)挨拶・礼儀を身につける

1)基本を徹底して習得すること

小〜中学生が抑えておくべき「書道の基本」は、筆遣い(トメ・ハネ・ハライなど)、漢字の筆順、字形の取り方 などです。まずはこれらを徹底して習得していただきます。初心者は、お手本を見ただけでは筆使いまではわかりません。ですから、時にはデモンストレーションをしたり、お子様の手をとって指導しております。

字の上達に欠かせない最大のポイントは、お手本を読み取る力があるかどうかです。 お手本の見方がが身につくと、筆遣いをお手本から読み取れるようになり、正しい字形のとり方のコツがわかってきます。お手本を繰り返し見ることで、美しい字が脳にインプットされます。これが字の上達の近道です。

2)競争心とともに、向上心を芽生えさせること

眞墨書道教室では「毛筆」と「硬筆」の段・級を取得することを目的に、
文部科学省の指導要領に沿った月刊のテキストを使用し、課題(半紙・硬筆)
の提出を毎月義務付けています。

日本教育書道藝術院 教育書藝 テキスト1


学年によりスタートする級が異なりますが、まずは「2年間で1級取得」を目指します。 少子化が進み、競争するという機会が減っていますがお友達と刺激をしあい、いい意味で競争心を持っていただければと思います。 しかし、段・級は、お友達と比較するためのものではなく、あくまでも「自己の成長の目安」として活用していただき、向上心をもって取り組んでいただきたいと思います。

日本教育書道藝術院 教育書藝 テキスト2※ このテキストはお手本の他に、毎月優秀作品の写真が掲載されます。

眞墨書道教室の生徒さんも、何度か掲載されましたが、お子様はもとより、親御さんも毎回非常に喜んでくださり、とても励みにしていただいております。


3)個々の才能を引き出し、実力を伸ばすこと

私は、お子様の才能を最大限に引き出したいと考えております。
その日の出来事により気持ちに大きくムラが出来る子もいます。
また、個々のレベルも様々ですので共通課題を横一線に行うだけではある子にとっては物足りなく感じてしまったり、また、ある子にとってはそこまで追い着けない場合もあります。
ですから、個々の調子や進路状況により個々にあった課題を臨機応変に与えることで、生徒さんひとりひとりに合った指導を実現しています。

また、眞墨書道教室では特に「条幅」(※じょうふく:大きいサイズの紙)に力を入れて練習しています。 条幅は子供の体よりも大きな紙に、半紙用の筆の3倍位の大きな筆を使って床に紙を広げて書きます。 体全体を使って書きますので、お子様にとってはとても大変な作業になりますが、半紙よりも条幅の方がより高度なため、作品を書き上げた際に「できた!」という「達成感」や「自信」を感じられ、モチベーションもより高まるようです。
中には、伸び伸びと思い切り書けるので半紙より面白い、というお子様もいらっしゃいます。 実際に数ヶ月で、ほとんどの生徒さんが何の抵抗もなく楽しく書けるようになっています。

IMG_9286.jpg ただし、大きい紙を使いますので、部屋の広さ等に制約がでてしまい、どこの書道教室でもできるわけではありません。実際にお稽古は半紙のみという教室も少なくないようです。
当教室は、いつでも条幅の練習が出来るよう、教室の床一面にじゅうたんや畳ではなくフエルトの「下敷き」を敷き詰めております。またテーブルと椅子ですと条幅を練習できる場所を削ってしまうため、すぐ対応できますように座卓に正座で練習するようにしていますので、条幅を書くには絶好の条件がそろっています。「当たり前の環境」を作ることにより、当たり前に書けるようになる。
お子様の可能性を、最大限に引き出す環境を作ることが、講師の役目だと思っております。

4)表現力を伸ばし、お子様の感性をより豊かにすること

IMG_9469.jpgお子様の感性がより豊かになり、表現の幅が広がると、書がより楽しくなります。 当教室では書初め大会や作品発表会など、作品作りをする機会を設けております。 好きな言葉を自由に表現できるのが書道の面白いところです。 そして、書道は、その時その時の「心」が字となり表現されます。

毎年冬に取り組んでいることの1つとして、東京新聞後援の「書初め展」への出品があります。 書初め展は「受賞」という「目標を持つことの大切さ」と「締め切りまで全力で頑張る」 ということを実感していただきたく、全員参加で1ヶ月以上かけて全力で練習していきますが、結果よりもその過程が大切だと思った出来事があります。

まだ書道を習い始めて間もない5歳の女の子が、書初め展で受賞したときのこと。その子は、他の誰よりもたくさん、何十枚と練習しました。ちょうど筆と墨を使って書くのに慣れてきた頃で、“ぬ”がなかなか思うように書けなくて、苦しみながらも楽しそうに練習していたのを思い出します。

平仮名で二文字、2006年干支の「いぬ」を書きました。審査員の先生から「なぜ彼女の作品が選ばれたのか」聞く機会がありました。

「他にも上手に書けている子はたくさんいたけれど、この“いぬ”には“かわいらしさ”があった。5歳らしい元気いっぱいの“いぬ”。この作品は言葉から連想して書かれているのが垣間見えた。上手な字もいいけれど、作品から感じるものがあった作品だったので推薦したのよ。」
と言われました。
幼いなりに等身大で精一杯書いた“いぬ”から、きっと「楽しい・・・!」という気持ちが半紙いっぱいににじみ出ていたのでしょうね・・・。

「書道は芸術」です。
私は、創作稽古や作品発表会の場から「自由に書く楽しさ」や「喜び」を味わっていただきたいと願っています。

5)挨拶・礼儀を身につける

「よろしくお願いします」
「ありがとうございました」

など、元気よく挨拶をしっかりすることはすべての基本です。
コミュニケーションを密にとり、信頼関係を築きながらともに成長していきたいと思っています。
子供たちの成長を我が子のよう思いながらお稽古をしています。

Masumi shodou school矢部澄翔