児童の部:お稽古内容

月刊競書誌「教育書藝」の課題を中心に、半紙・硬筆の練習をします。
季節により埼玉県書写教育の硬筆展や書初め展に向けての練習も有り。 その他、特別授業やイベントも企画しております。

月刊競書誌「教育書藝」

●学年別の課題の練習、出品(毎月/必須/段級認定制度あり)
●毛筆(半紙、条幅)
●硬筆

児童書藝.JPG 眞墨書道教室では、文部科学省の指導要領に沿った月刊競書誌「教育書藝」のテキストを使用しています。毎月、学年別の「毛筆(半紙)」「硬筆」の課題を提出することによりそれぞれ段級位を取得することができます。
※「教育書藝」への課題出品は必須です。

段級は、自身の成長のものさしとし「2年間で1級」を目指して取り組んでいただきます。お友達と競い合ったり、目標をもつことで向上心が芽生えます。また、段を取得したい方については昇段試験のサポートもしております。

学校の書写授業のバックアップ

●小中学校で開催される春の「硬筆展」、冬の「書初め展」のフォロー
●夏休みのお習字「宿題」のフォロー

川越市硬筆展 埼玉県の小・中学校では、春に「硬筆展」、冬は「書初め展」が開催され、書写教育に力を入れています。しかしながら、学校の書写授業だけではお手本を渡されるのが展覧会直前でしたり、他の授業の関係で練習する時間を充分にとれなかったりする学校もあるようです。眞墨書道教室ではいち早く練習に取り組み、成果をあげられるように指導しています。

ただ、結果もそうですが、過程を大切にしたい。その上で受賞することができたら、お子様にとって「やればできる」という大きな「自信」につながります。

公募展応募、作品発表会

●日本教育書道藝術院主催の児童「書初め誌上展」への出品(毎年/必須)
●眞墨書道教室作品発表会(不定期)

書初め 公募展に出品したり作品展は日頃の成果の発表の場です。
作品展に向けて、ひとつの作品として仕上げていく過程の中では、大変な苦労や難しさを感じることもあるかと思います。
しかし努力した人ほど、作品展で形になった時に大きな感動と自信が待っています。

作品展が開催された際には、是非親御さんにご覧いただき、お子様の成長を一緒に実感していただければ幸いです。

イベント開催

●お楽しみ会(クリスマス会など)
●野外学習(墨工場の見学など)  

年に数回、生徒間や親御さん同士の交流をはかるために、クリスマス会等のお楽しみイベントを開催しています。
自由参加にもかかわらず、生徒さんにはいつもイベントをとても楽しみにしていただいています。
こういったイベントを楽しんでいく上で、共に書を学ぶ一生の仲間をつくっていただきたいと思います。

これらの他にも、眞墨書道教室では様々な内容のお稽古を企画しております。
お稽古の様子は、お稽古レポートをご覧下さい。

Masumi shodou school矢部澄翔