児童の部:Q&A よくある質問とその回答

よくいただく質問とその回答をまとめました。
ご参考下さい。


Q:筆などの書道用具を持っていないのですが・・・

ご安心ください。
書道用具をお持ちでないお子様には、書道セットを一式ご用意しています。
既にお持ちの場合は、お持ちのお道具をご使用いただけます。

お道具を既にお持ちの方につきましては、「筆」と「紙」だけは教室指定のものを使用して頂いております。 また、半紙や墨などの消耗品は、お稽古中に使い切ってしまっても、教室に完備しておりますので、いつでもお求め頂けます。

Q:お稽古に遅刻をしてしまってもついていけますか・・・

大丈夫です。
眞墨書道教室は、生徒さんひとりひとり個別に指導をさせて頂いております。
ですから、遅刻をしたためにお稽古についていけなくなる、という心配はまったくございません。

ただし、終了時間が決まっておりますのでお稽古時間が少なくなってしまいます。「時間を守る大切さ」をお子様に教えていきたいと思いますので、定刻にお教室で着席できるようご協力ください。

Q:お稽古を欠席してしまった場合、振替はして頂けますか?

もちろんです。
風邪や学校行事などやむをえない理由で欠席してしまった場合、他曜日のお稽古時間内で空席がある場合は、振替レッスンをさせて頂いております。

お稽古を欠席される場合は、欠席が確定した時点で早めにご連絡ください。
振替えは、児童クラス内でお願いしています。一般クラスの時間帯での振替えはできかねます。

Q:書道教室は女の子ばかりですか。
男の子でも大丈夫ですか?

当教室は男の子も3割近くいらっしゃいます。
男女気兼ねすることなく、仲良くお稽古に励んで頂いております。

Q:硬筆のみを習うことはできますか?

申し訳ございません。お稽古は、「硬筆」と「毛筆」を同時に練習していきますので、「硬筆のみ」の受講は受けていません。
毛筆を練習することにより、「トメ・ハネ・ハライ」などをしっかりと認識できるようになり、硬筆を書く際にとても役に立ちます。毛筆中心の練習が硬筆上達につながります。

川越市内の小中学生は春の硬筆展があるため、4月〜6月までを硬筆強化月間として硬筆をメインに練習していますので、集中的に力をつけていただけます。
そして、お子様のやる気にお任せしていますが、硬筆の宿題を出しています。
特に幼年〜低学年のうちに、鉛筆の正しい持ち方や、ひらがな・カタカナをマスターしていただくことが大切だと考えています。

Q:長く続くかどうか不安です・・・

最初は、誰でも不安に思うものです。 川越市内の様々な幼・小中学校から通われていますが、他校の生徒さんともすぐに仲良くなっているようです。
お子様がやる気がなくなったから辞めさせるのではなく、「一度始めたことを最後までやり抜く」ことができたときに、始めて自信を持てます。苦しいときも一緒に乗り越えてゆきましょう!「習字を続けてよかった!」と思って卒業して欲しいと思います。

地道に練習をしながら、時には楽しめるような特別レッスンも企画していますし、通いやすいように「振替え受講制度」を導入していますので、続けやすい環境を整えています。

Q:やはり、書道は正座をして書くのでしょうか?

当教室では、正座スタイルを採用しています。
条幅(じょうふく:大きい紙)の練習を取り入れているため、床一面に下敷きを敷き、どこでも思い切り練習に取り組めるように、テーブルに椅子ではなく、座卓で正座スタイルとさせて頂いております。

長時間、お子様が正座できるかどうか・・・とご心配されるかもしれませんが、入会時に全然落ち着きがなくて座ってられなかったお子様でも、個人差はありますが半年後には1時間正座をして練習できるようになってきています。
「集中力」が身につくことが、習字を学ぶことの副産物ですよ。

Q:段や級は取れますか?

はい、当教室では段級を取得できます。
毎月の定例課題を提出することにより、段級が認定されます。

毎月、書道雑誌「教育書藝」の誌面上にて課題の成績が発表されます。
級が上がるとお子様はとても喜んで更にやる気がでていますし、友達と競争して励みにしているお子様もいます。 段を取得すると、高校受験の際の「内申書の資格欄」に記入することができます。

Q:子供が左利きなのですが、右利きに直すことはできますか

なぜ右手で書く方が美しい字が書けるのかご存知でしょうか?
字は、右手で書きやすいようにできています。字の横線は左から右に向かって書きますよね。左手で書くと、紙に書かれた筆跡を隠しながら書くことになりますので、非常にバランスをとるのが難しくなります。ですから、右手で書くのがベストですが、矯正を希望されるかどうかはお母様の判断にお任せしています。

右手で書けるように矯正する場合は、小学入学までに矯正をすれば、高い確立で右手で美しい字が書けるようになっています。

実際、左利きの子が通われていますが、右手でも字が書けるようになりました。
ただ、書道教室の練習時間だけ右手で練習していたのでは、なかなかかける様になりません。ご家庭でも常日ごろから右手で書くようにご協力いただいてます。
※全員が必ず右利きに矯正出来る保証はありません。

Q:落ち着きがないのですが、、、

落ち着きがないので書道を習わせたい、という親御さんは多くいらっしゃいます。実際に、当教室の生徒さんで、入会時は5分も黙って座っていられなかったお子様が、1年後には1時間集中して練習ができるようになった子もいます。
少しずつ子供たちが成長していく姿は、指導者として嬉しく思います。

お稽古中に周りの生徒さんに迷惑のかかるひどい行為が続いた場合は指導をさせて頂きますが、それでも続く場合は退会していただく場合がございます。

Q:夏休みの宿題や硬筆展・書初め展の指導はありますか

特に力を入れて指導しております。
埼玉県では、ほとんどの小中学校で夏休みの自由課題として書道の宿題が出されます。ご希望があれば、お稽古時間内に夏休みのお習字の課題指導もしており、下水道コンクールやJAコンクールで表彰された生徒の実績が多数あります。

また、春には県内全校を対象にした硬筆展覧会、冬には書初め展覧会が開催されます。当教室では、低学年より正しい鉛筆の持ち方と筆圧の強弱を出来るように指導しております。春の硬筆展ではいち早く課題に取り組み、しっかりとした字を書けるようになります。

9月より書初め展に向けて条幅を強化し、たくさんの練習をこなすことにより、当教室から学校代表選手に選ばれたり、県展に推薦される子も多数輩出しております。金賞をとり、自分の字に自信を持てるようになった子供たちがたくさんいます。

Q:他の書道教室から、編入することは可能ですか?段級はどうなりますか。

他の書道教室を退会し当教室通いたい、という問い合わせが増えてきました。
他教室からの編入は、もちろん可能です。
今まで通われていた書道教室の競書誌(段級が掲載されている冊子)または、段級を証明する証書を提出いただければ、編入試験を受け、合格すれば同じ級から始めていただくことが可能です。 最近では、引っ越しなどの理由の他、当教室に通われている生徒さんの字の上達ぶりを見て習字教室を変えたいというお子様や、口コミ等で編入される方が増えておりますので、気軽にお問いあわせください。



他にも何かわからないことがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

Masumi shodou school矢部澄翔