トップページ > 仕事紹介 > こどもクラス
イメージ

美しい字は一生の財産です。

眞墨(ますみ)書道教室の児童クラスは、
埼玉県川越市内外の幅広い幼・小・中学校から子供たちが集まり、
緑豊かな環境で伸び伸びとお稽古に励んでおります。
IT化が進み文字を書く機会が減りつつ今、
改めて見直されているのが、書写教育です。

 

お習字は、正しい字・姿勢・集中力・忍耐力などが身につきます。
はじめは思うように書けなくて悔しい思いをすることがあるかもしれません。
しかし、コツコツあきらめずに努力を続けることによって
誰もが必ず立派な字が書けるようになります。
「美しい字」は生きていく上で、かけがえのない財産となることでしょう。
そして、小さな達成感を積み重ねていくうちに
自分に “自信” を持てるようになるでしょう。
当教室を卒業する時「書道を続けてよかった!」と心から思っていただけるよう、
情熱をもって指導しています。
眞墨書道教室でお友達と切磋琢磨し、一緒に成長をしていきましょう。

指導目標

1. 礼儀、挨拶が出来る子を育てます。

お稽古は「お願いします」に始まり「ありがとうございました」で終わります。
まわりの空気を読み、人に迷惑をかけず、自分の事は自分で出来るよう指導します。


2. 集中力を養います。

当教室では、1レッスン90分制を採用しています。
これは、大学の授業時間と同じで、小学校の2時間分の授業時間に相当します。
集中力の無いお子様でも継続することで10分、15分と少しずつ集中できる時間が長くなります。
集中して物事に取り組めるようになると、学校の勉強をはじめ様々な場面で効果を発揮します。


3. 結果より過程を大切に練習します。

毎年恒例の書初め展に挑戦したり、2~3年に一度「墨翔展」を実施することで集中的に練習する時間を設けます。
同じ課題を長期間かけて納得のいくまで練習をすることで着実に字が上達し、自信が持てるようになります。

習字の効果

1. 文字を書くための基礎が身につけます。

鉛筆の持ち方、書き順に始まり、トメ・ハネ・ハライなど、徹底した基礎指導により、まずは「正しい」文字を書く為の基礎を、時間をかけ徹底して習得していきます。


2. 美しい字が身に付きます。

美しい文字は、最低限の教養であり、ステータスであり、一生の財産です。
IT化が進む現在だからこそ、美しい字が書ける人は重宝されます。
人間は「脳」でイメージ出来るものしか手で再現することは出来ません。
正しく美しい文字を習得するには、常に「正しく美しい文字=お手本」を観察し、「練習=再現」する訓練をする必要があります。
大人になっても美しい文字を書けるようになるためには、最も文字を書く時期の受験勉強期間である中学3年生まで練習する必要があります。
義務教育の9年間で体で習得したものは、大人になっても一生覚えているものです。
美しい文字を体に染み込ませ、無意識で書けるレベルを目指します。

お稽古内容

1. 教育書藝の課題指導(毎月)

半紙:基本点画などの筆使い、お手本を見る力を養います。
硬筆:正しい鉛筆の持ち方、正しい字形を習得し、美しい文字が書けるようになります。
日本教育書道藝術院が毎月発行する競書誌「教育書藝」の課題を練習します。
毎月、学年ごとに季節に沿った課題のお手本が出されます。
教育書藝は、文部科学省の指導要領に沿ったお手本が掲載され、毎月の「教育書藝」の課題提出により、段級の取得が可能です。
優秀作品は写真版に掲載され、練習意欲が向上します。

稽古イメージ

2. 学校の書写教育のバックアップ

・夏休みの宿題の指導(毎年7~8月)
 「JAコンクール(半紙・条幅)」
 「下水道コンクール」
 「福井県小浜市(川越市の姉妹都市)友好作品展」
希望者を対象に、埼玉県内の小中学校に毎年恒例で課される夏休みの宿題について、 直筆のお手本をお渡しし、細かい筆使いまで丁寧に指導をします。

・春の硬筆展(毎年5~6月)、冬の書き初め展の指導(毎年11~12月)
埼玉県内では、毎年恒例で埼玉県教育委員会主催の書写コンクールが開催され、 書写教育に力を入れています。
しかし、小中学校の書写の授業は、お手本を渡されるのが展覧会直前でしたり、練習する時間を充分にとれなかったり、書写教育を専門外とする担任の先生が指導する学校もあるようです。眞墨書道教室ではいち早く練習に取り組み、短期集中の特訓練習により実力の向上を目指し、成果をあげられるように指導しています。
当教室では、毎年約3割の生徒が学校代表選手に選抜され、川越市、狭山市、所沢市を中心に、市展での特選受賞、埼玉県展へ推薦など、高い実績を残しています。

書写教育

2. 学校の書写教育のバックアップ

・日本教育書道藝術院主催「書初め誌上展」への出品(毎年)
・眞墨書道教室作品発表会「墨翔展」の開催(2~3年に1回)
公募展への出品や作品展は、日頃の成果を発表する場でもあります。練習の過程では、大変な苦労や難しさを感じることもあるかと思います。
しかし努力した人ほど、作品が形になった時に大きな喜びと自信が持てます。作品展が開催された際には、是非親御さんにご覧いただき、お子様の成長を一緒に実感していただければ幸いです。

作品発表会

多数の幼小中学校の仲間がいます

児童クラスでは、川越地域の様々な学校の子供たちが地域や学年の壁を越え、明るい雰囲気の中で仲良くお稽古に励んでおります。
眞墨書道教室という小さな社会の中で、挨拶などの礼儀やマナーも身に付きます。
実績校:川越市立福原小、武蔵野小、新宿小、芳野小、山田小、中央小、第一小、高階西小、高階北小、福原中、高階中、高階西中、あおば幼、双葉南幼その他、狭山、富士見、所沢、堀兼など広範囲から通われています。

児童の部:募集概要

児童の部

2. 学校の書写教育のバックアップ

対象年齢:幼年(5歳)、小学生、中学生
書道経験:問いません。

※小学生以下のお子様の場合、ひらがな&カタカナの読み書きが最低限できることが入塾条件です。
※他の書道教室からの編入も可能です。編入試験を行い、実力に応じて同じ段級から始めることが可能です。
※入会時に簡単な親子面接を行います。

お稽古時間:1回90分 × 月3回

木曜夕方クラス 16:30~18:00
金曜夕方クラス 9:00~10:30
土曜午前クラス 9:00~10:30

※お稽古を欠席した場合、振替レッスンの受講が可能です。

※中学生以上または親子受講の方は、一般部 木&金曜夜クラス(18:30~20:30)の受講が可能です。

費用について

入会金 5,000円
月 謝 5,000円
年会費 8,000円(月刊競書誌「教育書藝」、設備費として)

※書道セットをお持ちでない場合は、お教室でそろえていただくことが可能です。

体験レッスン

体験レッスン

「お子様に書道を習わせたい!」と思い立っても、どのような教室なのか実際に見学してみないとわからない事も多いかと思います。
体験レッスンでは、実際に通われている生徒さんの作品やお稽古見学が可能な他、実際に墨を磨って半紙に練習していただきます。 筆墨硯紙、下敷きや文鎮など必要な書道用具は全てご用意しておりますので、当日は手ぶらで参加していただけます。
「書を習うのは初めて」という人も気軽に体験してみてください。
当教室の体験レッスンが、お子様の「美しい字」を手に入れるきっかけになれば幸いです。

ご予約:開催日時の2日前までにメールまたはお電話にてご予約ください。
体験レッスン開催日:木金 16:30~ 土曜 9:00~10:30
体験レッスン受講料:2,000円(ご入会いただいた場合2,000円⇒0円)
※ご入会いただいた場合、 参加費2,000円は、初回のお稽古日に全額ご返金いたします。

教室見学、体験レッスンのお申込みの他にもご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

TEL.090-7223-2495 (受付/平日9:30~18:00 ※年中無休 担当:矢部澄翔)

ご依頼、お問合せ

眞墨書道教室へのアクセス

教室所在地:〒 350-1151 埼玉県川越市今福385 TEL. 049-242-2396

バス停からのアクセスや、お車での道順は、左記地図をご参照ください。
「石井園芸」さんの隣、車の整備工場「人力屋」さんの目の前です。
入り口にある、眞墨書道教室の木の看板が目印です。
タクシーでお越しの場合、「西武川越病院の近く」とお伝え下さい。

1.JR埼京線・東武東上線「川越駅(西口)」をご利用の場合

・「今福中台行き」西武バス10分「今福中台」下車徒歩10分 >>>時刻表
※川越営業所行きのバスも今福中台で停まります

・「新所沢駅東口行き」西武バス10分「福原公民館前」下車徒歩10分 >>>時刻表


2.西武新宿線「本川越駅」をご利用の場合

・「今福中台行き」西武バス13分「今福中台」下車徒歩10分 >>>時刻表

・「新所沢駅東口行き」西武バス10分「福原公民館前」下車徒歩10分 >>>時刻表


3.西武新宿線 「新所沢駅」をご利用の場合

・「本川越駅行き」西武バス15分「福原公民館前」下車徒歩10分 >>>時刻表


4.西武新宿線「南大塚駅(南口)」をご利用の場合

・徒歩30分

・タクシー5分(タクシーでお越しの場合、「西武川越病院の近く」とお伝え下さい)


5.お車の場合

・駐車場完備(10台)していますので、通学はお車でも大丈夫です。

・関越自動車道「川越インター」からお車で10分です。

work contents パフォーマンス ワークショップ 講演 ロゴデザイン 作品オーダー 海外活動 書道教室

イベント出演、ワークショップ、依頼、ロゴ制作などお気軽にお問合せくださいませ。


お問合せ窓口

(株)JTBコミュニケーション
デザイン

TEL:03-5657-0624

受付:平日9:30〜18:00(土日祝休み)
担当:佐藤

矢部澄翔事務所

TEL:090-7223-2495

受付:9:00〜21:00(年中無休)

お問合せはこちら